Buffalo Zine No.4
new
58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d 58d7bc3b997ee2cc8d00f89d

Buffalo Zine No.4

¥3,780 税込

送料についてはこちら

  • A

    残り1点

  • B

    SOLD OUT

  • C

    残り1点

  • D

    残り3点

  • E

    残り3点

  • F

    残り3点

  • G

    残り1点

毎号テーマに合わせてフォーマットからロゴ、デザインまで全てをガラリと変え、私たちに驚きとインパクトを与え続けているマガジン界の異端児『Buffalo Zine』。 4号目となる今号のテーマは、「センチメンタル・マテリアリズム(感情的な物質主義)」。フランスの哲学者ヤン・ダラグリオの説く「私たちは愛されるために何かを買い、他者とコミュニケーションを取るために物を集める」というメッセージからインスピレーションを得た。そしてこのテーマに合わせるべく今号を「カタログ・イッシュー」と呼び、まるごと一冊をショッピングカタログに仕立てて偽の広告や架空の通販ページなどを織り交ぜ、ウィットとユーモアあふれる仕上がりとなった。 お金、広告、商品、消費行動、そして愛と欲望について、豪華な顔ぶれのコントリビューターたちがさまざまな観点から語り、探っている。 アートコレクターとしても有名で、その奇抜な行動と服装で「パンク・プリンセス」と呼ばれたドイツのグロリア伯爵夫人とアーティストのジェフ・クーンズや『VOGUE』の元名物エディターのアンドレ・レオン・タリーといったそうそうたる顔ぶれとの桁違いラグジュアリー対談や、オランダのアーティスト/キュレーターのエリック・ケッセルスと自身の全所有物を破壊処分するというパフォーマンスで話題となったアーティストのマイケル・ランディとの対談、90年代まだタブーとされていた題材を扱った衝撃的なベネトンの広告を手がけた伝説の写真家オリビエーロ・トスカーニへのインタビュー、マーティン・パーとハンス・エイケルブームとの写真家対談など。さらにジュリエット・ビノシュ、イザベル・ユペール、エマニュエル・セニエのフランス女優が現代の消費社会に生きる三人の女性を演じるファッション・ストーリーも見逃せない。 23 x 30 x 1.5cm / 312ページ / フルカラー / ソフトカバー / 英語 / 2016年 ※表紙の種類は7種類になります。内容はどれも同じです。 ※こちらの商品はレターパックライト(郵便受けに投函)での発送になります。お届け日時のご指定は出来ませんのでご了承下さい。